メモ

年明けに図書館で借りるぞ

Journal of personality and social psychology / American Psychological Association. -- Vol. 1 (1965)-Using multivariate statistics / Barbara G. Tabachnick, Linda S. Fidell. -- 5th ed. -- Pearson/Allyn and Bacon, 2007

はじっこから東京を考える

10/17(土)は、坂口さんと萱野さんのトークを聞きに、代官山へ。会場はAITというNPO組織関連の建物。インディペンデントキュレーターと前嵩西さんに会場で遭遇して驚く。お二人の言葉で印象に残ったのは以下の通り。 坂口さんの言葉 「オルタナティブな生活…

『「ホームレス」襲撃事件と子どもたち』の要約と感想

ホームレスを襲撃する子どもたちの特徴 『「ホームレス」襲撃事件と子どもたち』では、ホームレスを襲撃する子どもたちの特徴として、以下の2つが見て取られている。これらのいずれかの特徴を備えた子どもたちは自尊感情が希薄であり、「そのままの自分」を…

イルカのダブルバインドとアルコール中毒患者のダブルバインド、それらがもたらす論理階型ジャンプ

イルカのダブルバインド 第一次の命令 → 「エサが欲しければ水面から顔を出せ」という命令 より抽象的なレベルで第一次命令と衝突する第二次の命令 → 「水面から顔を出してもエサがもらえない」という事実による、「「第一次の命令」に従うことを禁止する命…

2009年7月4日のエノアール

「女性野宿生活者」についての交流学習会で、私はテント村の野宿生活自慢を遠慮なく話した。それは、私と小川さんで運営しているエノアールカフェ、絵を描く会について。また、月に一回女性のためのティーパーティーを開いていること。ゴミを拾ってきてほと…

公園で野宿する権利、貧困ビジネスで回る日本経済

なぜ、野宿者は公園で野宿するのか。人が生きるためには、この地球上の一定面積を起臥寝食に利用せねばならない。この利用機会が奪われれば、人は生存できない。つまり、一定面積を起臥寝食に用いる権利は不可譲の自然権として承認されねばならない。だが、…