読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雨と雷の日の

交通整理おじさんを見た。

相変わらずサングラスをかけて、雨と雷の中、交通整理をしていた。交通整理というよりも、車を威嚇していた。腰の位置で黄色い旗を両手で掴み、狭い十字路の真ん中に仁王立ちし、食いしばった白い歯を見せながら、ぐるぐるがるると周囲を見渡していた。

おじさんは定期的に決まった時間に交通整理をしているわけではないようだ。今日は18:40頃に交通整理をしていた。おじさんの尋常でない雰囲気に、車だけでなく、通行人も、思わずストップしていた。

雨と雷がおじさんを交通整理に駆り立てたのだろうか。全身びしょびしょに濡れながら、懸命に何かと闘っているおじさんの、1メートルぐらい前に差し掛かる。一瞬、話しかけようと思った。しかし、今はまだその時ではないと判断し、私は十字路を、そのまま足早に通り過ぎた。