読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開拓作業1日目

沖縄に帰る途中の飛行機で知り合った親切な方から、無料で300坪ほどの原野を貸してもらえることになりました。昔は畑として使用されていた土地らしいです。しかし、何十年も手入れされていないため、すっかり密林になっておりました。

住民票を移したり、みずほ銀行から琉球銀行に預金をごっそり移したり、塾講師の仕事を開始したりと、11月20日に沖縄に帰郷して以来、そこそこ忙しい生活を送っているのですが、その合間に、父と一緒に密林の開拓作業を進めております。

お借りした原野は、実家から歩いて20分ぐらいの場所にあり、先週草刈りをしました。そして昨日は、近所の機器レンタルショップでチェーンソーを借りて、原野にはえた木を切り倒しまくりました。

今年退職した両親は、農協の抽選に当たり、月500円で5坪ぐらいの畑を借りて、私が帰郷する半年前から、既に農業を始めておりました。

昨日は、まずは両親の畑に寄り、キャベツについた青虫を取り、野口種苗研究所から購入した「みやまこかぶ」の種の発芽状態を観察した後、例の原野に向かいました。

hatake2
両親の畑

hatake1
ジャガイモが順調に成長中

aomushi1
青虫を屠る父

kyagetu
キャベツの中心に青虫はいる

aomushi2
屠られた青虫

kokabu1
芽吹いたみやまこかぶ

kokabu2
みやまこかぶを網で害虫や鳥からガード

飛行機の中で知り合った人から無料で借りた原野は、偶然にも、両親の畑から歩いて10分ぐらいの距離にあります。私は非常についています。

原野の手前には、整然とした畑があります。この畑には溜池もあります。「いつかこんな風な畑にできたらいいな」と思わせるような畑です。これを右手に見ながら、原野まで歩いていきます。

kaitaku1
整然とした畑を右手に見ながら原野へ

kaitaku2
整然とした畑は理想的な畑

kaitaku4
原野はひたすらまっすぐ歩いた場所に

kaitaku5
何十年も放置されていたので原野には木々が育ちまくり

kaitaku6
やっと原野の入り口に到着

kaitaku8
先週は5坪ほどの空間を草刈りしました

kaitaku7
立ちはだかる木々

昨日はチェーンソーで約50本ぐらいの木々を伐採しました。伐採後の写真を取りたかったのですが、デジカメが壊れたので、無理でした。購入して11年目になるデジカメなので、おそらく寿命だったのだと思います。残念。

現在、少しずつ密林を平地にしている最中です。

コツコツ頑張りますー(^-^)/