読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開拓作業18日目

沖縄は曇っています。寒さはそれほどでもなく、蚊が飛んでいるぐらいには暖かいです。

11時に起床して食事を済ませた後、今日も畑と原野へ。

原野

今日は、木を伐採してよい領域がどこからどこまでなのかを明確にするという目的で、地図を頼りに、我々がお借りしている土地の範囲を、実際に歩いて確認してみました。

我々の目の前には、まだ手付かずの密林地帯が広がっております。他人の土地との境界線上を、白い紐でマークしながら、密林地帯を歩き回りました。

CIMG2311
密林地帯です

CIMG2312
分け入っても分け入っても青い葉が

CIMG2313
白い紐で密林に境界線を引いていきます

CIMG2314
現在開拓中の土地は平地なのですが、今日歩き回った土地は斜面になっており、歩くだけでなかなか疲れます。ハブが出ませんように祈りながらなので、精神的なプレッシャーも若干あります

CIMG2315
やっと光が見えました

CIMG2316
開拓中の土地に出ました

とりあえず、お借りしている土地の境界を、70%ほど確定させました。1時間近く密林を歩き回り、結構疲れました。疲労が溜まっていたので、切り株倒しや、伐採作業は今日は無しにして、原野の畑の観察だけをすることにしました。

CIMG2318
原野で育つ大根。一見問題なさそうですが…

CIMG2317
青虫がおりました!

CIMG2321
葉の裏にはびっしりとアブラムシがおりました!

CIMG2323
もともと森林地帯だった場所を切り開いて、生態系のバランスを壊し、そこにいきなり、この土地に自生していなかった作物を植えたわけなので、いっきに特定の虫が偏って繁殖しても仕方ないかもしれません。あと何十年か経てば、この土地なりの生態系バランスが再構築され、天敵によってアブラムシの数が減ってくれたら嬉しい、な。