読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

農作業5日目

「ワシリビーサ」という呼び名を与えられた寒さが沖縄にある。「忘れた頃にやってくる寒さ」という意味だ。今日はそんな言葉を想起してしまうような肌寒い一日であった。

今日の作業

CIMG2990
天気は曇り。風が冷たい。

CIMG2989
ホウレンソウが黄色くなりかけていた。なんとなく枯れそうな雰囲気。枯れるならその前に食べようと、急遽ホウレンソウを収穫する母。

CIMG2991
作物の名前を書いた札を用意。畑に刺して回る。

CIMG2994
不耕起の土壌で育つキュウリ。

CIMG2993
かじられた跡。キュウリを狙う何かがここにはいるようだ。

CIMG2995
こちらは不耕起の土壌で育つみやまこかぶ。まだ元気そう。

CIMG2998
こちらは耕した畑で育つキュウリ。

CIMG2999
不耕起のキュウリよりも若干葉が大きく感じられる。気のせいか。

CIMG3000
こちらは耕された畑で育つみやまこかぶ。

CIMG3001
こちらも不耕起のみやまこかぶより元気そうに見える。気のせいだろうか。

CIMG2996
プランターで育つミニトマト。

CIMG2997
元気がない。葉がちぎれ気味でぐったりとしている。土が実家の庭の土だからなのか。それとも水腐れしているのか。

CIMG3004
このままだと枯れてしまうと直感したので、急いでミニトマトの苗をプランターから畑に移植。

CIMG3005
元気になって欲しい。畑に直播きしたミニトマトとくらべて確実に貧弱なので非常に心配。

CIMG3007
父が何かを完成させた模様。

CIMG3008
安心して用を足せる立派なトイレです。