読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

農作業14日目

今日の沖縄は曇り。深夜に雨が降り、朝から風が強くて肌寒いです。しかし、天気予報通りに午後から陽射しが出てきました。深夜に降った雨のおかげで、両親の畑に水遣りをする必要がないので、原野の畑に迷わず直行です。

今日の作業

  • 種蒔き(早生真黒茄子、世界一トマト、ボンデローザトマトby私)
  • ジャガイモの植え付け(by父)
  • ツルムラサキの移植(by母)

CIMG3213
空いた畑にどんどん作物を植えていこうとしています。

CIMG3214
3月もしくは4月から栽培可能な野菜の種蒔きラッシュです。

CIMG3217
強風に吹かれバサバサと音を出すビニール。ビニールが吹き飛ばされたら直すのが面倒です。「放置していても勝手に育つ野菜」を育てたいというのが本音です。

CIMG3216
ビニールを被せるのが遅かったキュウリ。ちゃんと育つのか心配です。

CIMG3218
ミニトマトは順調に育っています。

CIMG3220
次々に蕾が出現しています。

CIMG3228
ツルムラサキの茎を地面に移植している母。その手前の畑に、左から「ボンデローザトマト」、「世界一トマト」、「早生真黒茄子」の種を蒔きました。

CIMG3227
これがボンデローザトマトの種。

CIMG3226
これが世界一トマトの種。

CIMG3225
そしてこれがナスの種。

CIMG3229
ツルムラサキは両親の畑で収穫したもので、その茎を地面に直接突き刺しています。

CIMG3230
葉は自宅にあり、調理して食べる予定です。そして茎は畑に植えます。ツルムラサキは生命力の強い野菜なので、この方法で育つのではないかと考えています。

CIMG3222
こちらはススキの葉を裁断機で細切れにしている父。

CIMG3231
畝の溝に、肥料としてススキの葉をばら撒きます。

CIMG3236
北大東島のジャガイモを溝にポイ。

CIMG3239
ジャガイモに土を被せて種芋の植え付け完了。

CIMG3232
蒔いた種に水をジョウロでかける私の目にとまったのは、こんな風景。

CIMG3233
赤くないです。黒いです。これもアカムシの一種なのでしょうか。

CIMG3240
健康的に育っている「不耕起の畑」のみやまこかぶ。両親の畑では虫に食べつくされてしまったのですが、ここでは順調に育っています。ちなみに、「耕された畑」のみやまこかぶは若干虫にかじられ気味です。