読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

農作業35日目

雨です。沖縄に雨が降っています。

話は変わりますが、昨晩、毛虫に刺されました。

どこで刺されたかというと自宅のベッドです。深夜に背中に痒みを感じたのですが、ダニに軽く咬まれたものと判断し、そのまま私は眠り続けました。

ところが、朝になってベッドの上にペッタンコに潰れた毛虫を発見。現在、私の背中には赤い発疹が広がっております。非常に痒いです。

まさか、畑から連れてきた毛虫とベッドで寝てしまうとは。痒くて痒くてたまりません。

しかし、刺された部位だけでなく、首や腕などにも赤い発疹が出てきているので、「どうして痒みが広がっているのだろう?患部を掻くことによって指に付着した汁が、健康な皮膚に発疹を生じさせるのだろうか?それとも、毛虫の毒針があちこちに残っていて、それによって発疹が生じているのだろうか?」と、自分の身体に起こっている現象を興味深く捉えています。

ネットで調べたところ、私を刺した毛虫は、チャドクガという名前であることが分かりました。これからの季節、毛虫には要注意です。

http://shimonagaya.com/kemunpasu.htm

そういうわけで、今日は痒みに呻きながら、畑に向かいました。

雨が降っていましたが、昨日も畑に行っておらず、かつ、「整然とした畑」の主に世界一トマトの苗を土日に差し上げる約束を以前からしていたので、畑に出発です。

今日の作業

  • 原野の畑
    • みやまこかぶの収穫(by私)
    • 青虫取り(by母)
    • 階段作り(by父)
    • みやまこかぶと世界一トマトを「整然とした畑」の主に進呈(by私と父)