読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄第2選挙区出馬の宮崎政久さん及び自民党に対する違和感

自民党の宮崎政久なる人物に関する宣伝資料が、自宅に届いていた。

http://www.miyazakirin.com/common/images/contents_main_img.jpg

「沖縄未来新聞」と銘打たれた、新聞のような資料。「普天間基地の危険性除去」が強調され、辺野古新基地建設を正当化する内容の文章が記されていた。

このような交換条件を沖縄県民は望んでいないことに、この方は鈍感なようだ。今回の沖縄県知事選の結果を見ればこのことは明らかであろう。この人の目は節穴か。

普天間基地がいかに危険であるかを印象付けて、「普天間基地の危険性除去」の必要性を主張するという、一見筋の通った文章を書いてはいるが、この宮崎さんという自民党の方は、「普天間基地の危険性除去」を強調するばかりで、「辺野古新基地という新たな危険性の付与」については、何も語らない。

普天間基地の危険性の除去」を掲げて、自らの政治的正当性や潔白さや真摯さを訴えることが、沖縄の自民党所属の人々の、最近の言説戦略のようだ。「県外移設」という公約を破ったことさえも、「普天間基地の危険性の除去」という言葉で反故にできると目論んでいるようであるが、公約に対する認識が甘すぎる。

公約破りは、どのような言い訳をしても、公約破りでしかない。「普天間基地の危険性の除去」だけでなく、状況の変化を言い訳にして、公約破りを公約破り以外のものとして語ろうとしているが、そもそも状況というものは常に変化するものであり、この状況の変化においてもブレないことが政治家としての誠実さの見せ所であろう。臨機応変といえば聞こえはいいが、ころころと公約を覆す*1のは、単にブレているだけであり、有権者をないがしろにすることであり、信念がないことの証である*2有権者に約束をして当選を果たしたならば、その約束は守れ。当選した後で、状況の変化などという常に生じている当たり前のことを理由にして、勝手に約束を破るな。もしも今回も公約を後で覆すつもりなら、「状況の変化等により公約を覆すこともあります」と選挙前から明言し、公約を厳守するつもりがないことを有権者にあらかじめ伝えろ。

そしてやはり、「普天間基地の危険性の除去」を語る一方で、「辺野古新基地という新たな危険性の付与」という話題を避けることは、これは欺瞞以外の何物でもない。「基地は危険だから除去する」と言った口で、「別の場所に基地を建設する」とはよく言えたものだ。危険ならば新たに作るな。新基地という危険性を新たに付与しようとしておきながら、それについては一切語らないのは卑怯である。「命どぅ宝」という言葉までこれみよがしに引き合いに出しているが、辺野古周辺の人々の命のことをこの人はどのように考えているのか。

基地のたらい回しを、「普天間基地の危険性の除去」という言葉で正当化しようとしている、この自民党宮崎政久という候補者に、私は絶対に投票しない。沖縄県知事選で明確に示された「沖縄県民の強固な意志」を無視する人間は、情報収集能力が著しく低いか、自民党本部の命令に従うだけの、信用のならない政治家とみなされて当然である。

*1:「県外移設」から「県内移設推進」という形で、かつて掲げていた公約の内容と逆の方向に突き進んでいることが甚だ許し難い。

*2:信念がない。あるいは、最初から公約を守るつもりがなかった。このどちらかのうちの一つ、もしくは、両方であろう。