読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逃げてるだけっ!のりこえられるっ!あきらめるなっ!

http://www.okinavita.jp/image/site/alpha/pickup/2011/event/christmasblog/mihamac03.jpg

土曜の23時頃、その男は現れたのだという。

場所は沖縄県北谷の美浜。クリスマスを彷彿とさせるイルミネーションの輝く一角。

「ふれーふれーみーんーなーっ!」という大声が、突如響き渡ったのだという。

もちろん、周囲にいた人々は警戒した。酒に酔った変態が叫んでいるのであろう。そう判断し、声のした方向を一瞥後、当然のように無視を決め込んだ。

 「みんながんばれーっ!」

男はなおも叫び続けた。歳は20代前半。身長は約165cm。ジーンズにパーカーという服装のその男は、ぐるぐると周囲を走りつつ、叫び続けた。

「あきらめるなーっ!」

「のりこえられるーっ!」

「絶対にのりこえられるーっ!」

男は必死の形相で、1、2分の沈黙を挟みつつ、言葉を放っていく。

「逃げてるだけーっ!」

「嘘つかないーっ!」

「自分に嘘つかないーっ!」

奇妙なことに、男の放つ言葉に、周囲の人々は次第に耳を傾け始めた。

何かに真剣に挑んでいる。真摯に取り組んでいる。このような気配が感じられたからであろうか。

あるいは、男の放つ言葉に、心をなぞられてしまったのかもしれない。

やがて、米兵と思しき人物が、男に近付いていった。

同じ酔っ払い仲間だと感じたのか、英語で何事かを喋りながら、笑みを浮かべつつ、友好の証であるかのように腕を広げ、男に近付いた。

しかし、米兵は無言でUターンし、男から離れた。

「So serious...*1

米兵の顔がそう伝えていた。

何かのパフォーマンスなのか。それとも、治療実践なのか。男は周囲を走りながら、しきりに言葉をほとばしらせる。その切実さと迫力に、いつしか周囲が釘付けになっていることが興味深い。

「みんな見ているーっ!恥ずかしいーっ!」

男は叫ぶ。

「恥ずかしいーっ!」

「知り合いがいたらーっ!恥ずかしいーっ!」

周囲が自分に注目していることを、男は理解しているようだ。男の姿を携帯で撮る者も少なからずいる。

男はベンチに飛び移り、精一杯足を踏ん張らせて、力いっぱい叫ぶ。

「でもーっ!感じたことをいうーっ!」

「思ったことをいうーっ!」

「落ち着いてーっ!」

「緊張して分からなくなっているだけーっ!」

「自分に素直になってーっ!」

「自分に嘘つかないーっ!」

「のりこえられるーっ!」

「逃げてるだけーっ!」

男は、現在の自分を表現するための純粋な楽器であるかのように、ただただ言葉を放ち続けた。

「自分に素直になってーっ!人に優しくするーっ!嫌なことは嫌っていうーっ!嘘つかないーっ!のりこえられるーっ!絶対できるーっ!」

男が立て続けに言葉を絞り出した。まとめに入ったのか。花火大会の終盤のように、男の口から言葉が次々と溢れ出ていく。

 

「以上ーっ!」

 

しばしの沈黙。

その後、周囲からの大きな拍手。

いつのまにか、男の周りには、50人ほどの人だかりが、できていたそうである。

先週土曜の、沖縄県北谷の、美浜で起きた出来事なのだという*2

*1:コイツハホンキダ…。

*2:弟から聞いた話です。あまりにも面白かったので、文章にせざるをえませんでした。乞う目撃談or動画。