PB2090_児童心理学_1単位目 受付日:2016.02.12 評価日:?

課題

子どもの愛着形成について説明しなさい。

本文

 子どもの愛着の形成要因と形成過程を説明し、愛着形成と子どもの発達全般との関係について述べる。
 まず、愛着という言葉が意味する内容についてであるが、これはアタッチメント(attachment)とも呼ばれ、「乳幼児が母親などのような特定の人との間に形成する情愛的な結びつき(affectional tie)」と定義されるものである。
 この愛着の形成要因に関しては、子どもの空腹や渇きやおむつの不快などを解消し、子どもの生理的欲求を充足する母親に対して子どもが愛着を形成していくとする、動因低減説によってこれまで説明がなされてきた。しかし、ハーロウによる赤毛ザルを用いた実験や、カイアンズによる小ヒツジとイヌを用いた実験や、エインスワースによるストレンジ・シチュエーションという方法を用いた実験により、愛着を形成する要因として、以下の事柄が現在は指摘されている。

続きはこちらで無料公開中。