PB3040_初等図画工作科教育法_1単位目 受付日:2016.05.06 評価日:?

課題

1.テキスト内の第2章「図画工作科の目標と内容」の第1節および第2節を要約し、その上で、「表現領域」及び「観賞領域」の関連性について考察しなさい(1000字)。
2.テキスト内の第2章第3節「表現(1)━造形遊び 学習の指導」を600字程度で要約しなさい。その上で、あなたが現在住んでいる地域の特性を生かした「造形遊び」の題材をひとつ考え、その概要を400字程度で述べなさい。

本文

1.第2章「図画工作科の目標と内容」の第1~2節の要約と「表現領域」及び「鑑賞領域」の関連性
 小学校図画工作科の授業で求められていることは、「造形・美術活動に「喜びを味わう」」という体験を通して、「特定の分野や特定の技法などにかたよらない基礎・基本となる美術活動の能力を子どもたちが身に付けていくこと」と「そのための内容や方法」を伝えることである。また、第八次学習指導要領の改訂では、「これからの社会の変化に主体的に対応して心豊かにたくましく生きることができる資質や能力の育成を図ることを基本的なねらい」として、「これまでの知識や技能を共通的に身に付けることを重視した教育から、子どもが自ら考え主体的に判断し行動できる資質や能力を育成することを重視する教育」への転換が図られた。従って、図画工作の学習を通して児童生徒が身に付けた能力も、学校卒業後に「意欲的に活用されることで広がり高まっていくもの」と位置付けられている。さらに、図画工作科では、「言語活動の充実」の観点から、「感じたことを言葉にして確かめたり、友人と話し合ったりして、見方や考え方を深めていくこと」も期待されている。

続きはこちらで無料公開中。