読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の労働環境を相対化するブログ

人類学 労働問題

ついったーでid:saisenreihaさんが言及していた下記のブログが非常に興味深い。

ニートの海外就職日記

上記ブログは、シンガポール外資系企業で働く日本人によって書かれているようである。日本の労働環境に対する厳しい批評が掲載されており、読んでいてとても面白い。

さきほどこのブログの存在に気付き、記事をいくつか読み始めたのだが、大野正和さんが「メランコリー親和型」や「同調圧力」といった専門用語を駆使して分析しようとしていた「日本の職場の特殊性」が、平易な言葉で分かりやすく指摘されているように思う。

例えば、日本の労働環境の特殊性を考える際に、下記の記事は参考になるのではないかと思う。

http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/blog-entry-287.html

また、日本と海外の履歴書を比較した下記の記事も面白い。

http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/blog-entry-281.html

さらに、日本企業に勤める多くの「社会人」のメンタリティに関する下記の記事は、会社で頑張りすぎる人々にとっては目から鱗な内容に思える。

http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/blog-entry-307.html

http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/blog-entry-309.html

http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/blog-entry-313.html

http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/blog-entry-269.html

http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/blog-entry-303.html

http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/blog-entry-278.html

http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/blog-entry-295.html

http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/blog-entry-310.html

http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/blog-date-200906-1.html

http://kusoshigoto.blog121.fc2.com/blog-entry-254.html


痛切な皮肉がいたずらに感情を刺激する時もあるかもしれないのだが、とにかく得るものが多そうなブログなので、全部の記事に目を通してみようと思う。