書評

『奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録』

実家に帰省中、下記の本を読む機会に恵まれた。奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録作者: 石川拓治,NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」制作班出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2008/07メディア: 単行本購入: 32人 クリック: 361回この…

ナチュンの感想

『ナチュン』を読んだ。1巻から3巻までをまとめて購入し、いっきに読みきった。非常に面白い。そうか。フィールドワークの経験は、このような形でアウトプットすることもできるのか。評価に値する人類学的な理論や知見が展開されているわけではない。しか…

保苅実さんの主張を私は正しく要約できているのだろうか?

「現地の人の語りを「史実」として扱え」と保苅実さんは主張していないのでは? 保苅実さんが立てた問いを私は、前回のエントリーにおけるコメント欄にて次のように要約した。 「現地の人にとって「真摯な経験(リアルな経験)」であれば、それだけでこれら…

霊に対する京極堂のスタンス

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)作者: 京極夏彦,笠井潔出版社/メーカー: 講談社発売日: 1998/09/14メディア: 文庫購入: 13人 クリック: 282回この商品を含むブログ (435件) を見る水木しげる&京極夏彦 ゲゲゲの鬼太郎解体新書作者: 水木しげる,京極夏彦出版…

異界談義

異界談義(角川書店 国立歴史民俗博物館編) 異界談義作者: 池上良正,山田慎也,京極夏彦,島村恭則,常光徹,内田順子,小松和彦,鈴木一馨,国立歴史民俗博物館出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2002/07メディア: 単行本購入: 4人 クリック: 11回この商品を含む…

べてるの家

正月なので、積ん読していた本を読んでいた。「べてるの家」関係の本に、ざっと目を通した。降りていく生き方―「べてるの家」が歩む、もうひとつの道作者: 横川和夫出版社/メーカー: 太郎次郎社発売日: 2003/03メディア: 単行本購入: 2人 クリック: 54回この…

社員旅行でマレーシア

突然ですが、5日間ほどマレーシアに行っておりました。ボルネオと呼ばれる島の海岸部に滞在しておりました。いわゆるリゾートというやつです。サラリーマン(≒イギリス人)のコスプレにあきて、ついついフラッと旅立ったのではありません。社員旅行という名…

嫉妬

『「ひきこもり」だった僕から』を読んでいる。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062110725/250-5977602-9543431元ひきこもりであり、現在はひきこもりの相談員として活躍している筆者の切実な思いが痛いほど伝わってくる。『ひきこもりカレンダー…

「引きこもり」あるいは「ニート」強化月間

考えてみると、私は「引きこもり」や「ニート」についてあまり深く考えたことがない。自分自身が「引きこもり」や「ニート」と非常に近い存在であったにもかかわらず、「引きこもり」や「ニート」について、まとまった考察を行ったことがない。いい機会だか…

近づくな

現在働いている職場は、三越前駅に近々移転する。移転までの残り少ない日々を悔いなく過ごせるよう、昼休みは散歩をしまくっている。しかし気がつくと足は、自然に八重洲ブックセンターへ向いている。本のある空間さえあればどうやら私は満足らしい。4階に…

購入

amazonで古本を購入。『正しい戦争は本当にあるのか』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860520319/250-5977602-9543431『結婚しません。』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062749610/250-5977602-9543431

白根山と草津の湯

会社の人たちと山に行き、そこで妙な色をした池を見てきた。http://www.seisvol.kishou.go.jp/tokyo/305_Kusatsu-Shiranesan/305_index.htmlそして下記の山小屋に泊まった。http://www21.cx/yoshi/料理がうまい。犬がジャズに共鳴する(Cの音に反応)。9時に…

読みたい!

ふらふらとネット上をさまよっていると、次のような本の存在を知ることができた。戸田山和久 2005 『科学哲学の冒険』 NHKブックス http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140910224/249-1743609-7963544宮崎哲弥さんも、上記の本を好意的に取り上げて…

靖国

いつものように土日は駅ビルの紀伊国屋へ立ち読みに行く。新刊コーナーにあったのは『靖国問題』という本。http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480062327/249-8740611-5587563あとがきと前半部分のみにさっと目を通す。まっさきに私の脳裏に焼きつい…

おお!

新宿の紀伊国屋で統計に関する本を探していたら、通りかかった文化人類学のコーナーに花渕さんの本を見つけた。http://shumpu.com/book/index.php?itemid=431すげー。ついに本になったのかあ、と手に取ってみる。派手な表紙だ。分厚い。そして値段も高い。研…

今日の立ち読み

私は本屋でよく立ち読みをする。今日は北千住のマルイの紀伊国屋で、次の本を立ち読みした。『世界冷や汗ひとり旅』 西本 健一郎 (著) http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4796646213/qid=1116147175/sr=1-3/ref=sr_1_10_3/249-0955448-4106723『ダラ…

くにたち野道

ひさしぶりに、研究室に行き、院の仲間たちと酒を飲んだ。一松で鍋を楽しみ、徹夜でカラオケをして、研究室でUNOをし、最後は寝袋にくるまって寝た。人類学関係者のあいだで、『ラディカル・オーラル・ヒストリー』という本が最近話題になっていることを知っ…